朝の寝癖をどうにかしたい!簡単な直し方と予防方法を紹介

ライフスタイル

朝起きた時に「寝ぐせ」があると、直さなきゃと思って焦るしイライラすることもあると思います。

寝ぐせがついたまま出かけるわけにはいかないので、寝ぐせ直しに時間を取られます。

シャワーを浴びればいい事かもしれませんが、朝に時間があればの話です。

今回は、そんな朝の大敵寝癖を早く直す方法や予防法について紹介していきます。

スポンサーリンク

すぐにできる寝癖を直す方法

なぜ寝癖はいつもできてしまうのでしょうか?

寝癖は、水分の中にある水素が結合する為に起こります。水素は水分によって緩められ、乾燥すると結合するという働きがあります。つまり寝癖を直すには、一旦水で濡らして結合を緩めてあげるのが効果的です。

それでは、どうやって水素の結合を緩めるかを具体的な方法と共に紹介していきます。

髪を洗う(洗髪する)

髪をお湯で洗う事で水素の結合が綺麗に解け、寝癖が直ります。この方法が最も寝ぐせ直しに有効です。

ですが時間がかかることがネックです。髪が長ければ長いほど時間がかかってしまいます。しかし髪が短い場合には、短時間で治すことができるので最も有効な方法です。

坊主なら尚更です。(坊主なら寝癖はつかないか笑)

お湯を使って部分的に直す

お湯で、寝癖のついた髪を濡らします。この時のポイントは、毛先だけではなく、根元からしっかりと濡らすことです。

そして髪を濡らしたまままにして、数分置きます。そしてドライヤーで乾かします。乾かすときは、髪をかきあげながら行います。必ず水ではなくお湯で行ってください。

髪の毛はタンパク質でできているので、温めることで柔らかくなります。ですから、寝癖を直すときはお湯で髪の毛をほぐしてあげるようにしましょう。

寝癖直しウォーターを使用する

市販に寝ぐせ直しウォーターというものが販売されています。手軽に直したい方にはオススメです。

使い方は寝癖の部分と髪の根元に吹きかけ、少し時間をおいてドライヤーで乾かします。

水で濡らす

先程お湯で濡らしたほうがいいと紹介しました。ですが、「お湯を用意する時間がない!」というときもあると思います。

そんな時は、水で髪を濡らしてドライヤーでブローしましょう。

この時のポイントも、寝癖の部分だけではなく髪の根元まで水で濡らしましょう。お湯に比べ水は髪の毛に染み込みにくいため、しっかりと濡らす事を意識しましょう。

寝癖の予防方法

寝癖の直し方を紹介してきましたが、1番いいのは寝癖がつかない事ですよね。そうすれば、朝もバタバタせずにすみます。

では、寝癖を予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

実は寝る前のケアが大切になってきます。その具体的な方法を紹介していきます。

髪の毛の短い部分から乾かす

女性であれば、後ろ髪など長いところから乾かす人が多いのではないでしょうか?しかし癖は乾く時に付くので、髪の短い前髪からドライヤーでブローするようにしたほうがいいです。

長い方から乾かそうとすると、その間に短い方が乾いてしまう為癖がつく可能性があります。

トリートメントを付ける

洗髪して乾かす前に、洗い流さないタイプのトリートメントを付けてから、ドライヤーでブローしましょう。

トリートメントは、髪をサラサラにしてくれるだけではなく髪を保湿する効果もある為、寝癖をつきにくくすることができます。

寝癖も予防できるし、髪の毛の状態も良くしてくれるので一石二鳥ですね。

最後は冷風でブローする

ドライヤーの熱を髪に当てすぎると、乾燥してしまい寝ぐせが付きやすい状態になってしまいます。

そこで、ブローの最後に冷風を髪に当ててください。そうすることで、オーバードライを防ぐことができ寝癖防止に繋がります。

コメント