満員電車のストレスの原因と対策とは?対処法を知って快適に過ごそう!

ライフスタイル

私は田舎に住んでいるので、満員電車とは縁のない生活を送っています。
しかし、先日用事で東京に行く機会がありました。
その時の、電車の混み具合に大変驚きました。東京に通勤している人は、毎日こんな状況なのかと思いました。
1日だけ満員電車に乗っただけでも苦痛だったのに、毎日毎日、満員電車に乗っているとストレスも溜まるだろうと思います。

今回は、そんな満員電車のストレスの原因と対策を考えていきます。

スポンサーリンク

満員電車のストレスの原因

まずは、満員電車によるストレスの原因について考えていきましょう。
主なストレスの原因は以下の3つです。
・人と人との距離が近い、密着度が高い
・温度、湿度の影響
・無理な体勢による疲れ

このような原因があげられます。具体的に解説していきます。

人と人との距離が近い、密着度が高い

これが原因で痴漢が起こり得ます。
男性は痴漢と勘違いされる(冤罪)という恐怖を感じながら乗らないといけないので、ストレスが非常に溜まります。

男女問わず、他人と身体が密着するのはとても不快ですよね。

また、身体が密着する以外にも、臭いや音などが原因でストレスになることもあります。

温度、湿度の影響

2つ目は、温度、湿度の影響です。

温度、湿度によっての不快指数は、以下のように記されています。

日本人の場合、不快指数が77を超えると不快と感じる人が出始め、85を超えると約93パーセントの人が不快に感じる。と言われています。

つまり、不快指数が77以上になると不快な状況だということです。満員電車の不快指数は、80を超えているらしいです。

それもそのはずですよね。あんなに人が詰め込まれていると温度も湿度も上がるでしょう。
しかも梅雨時だと絶望的です。スーツを着て通勤している人を心から尊敬します。

無理な体勢による疲れ

3つ目は無理な体勢による疲れです。

ただ電車に立って乗っているだけで、辛いのに満員電車だど身動きが取れないのでさらにきつさが増します。

下手に動くと、周りの人に迷惑をかけてしまうというプレッシャーが付きまとうので、非常にストレスが溜まります。
経験がある方も多いのではないでしょうか?

満員電車のストレスの対処法を紹介

満員電車によるストレスの原因について考えてきました。さて、本題の対処法を3つ紹介していきます。
是非参考にしてみてください。
・通勤時間をずらす
・自分の好きなことをする
・妄想する
この3つです。細かく順番に紹介していきます。

通勤時間をずらす

1つ目におすすめなのが、通勤時間を変えることです。
通勤時間を変えるといっても路線を変えるのでは意味がありません。結局満員電車に乗る羽目になる可能性が高いからです。

では、どうすればいいのか?それはズバリいつもより早めの電車に乗ることです。

最低でも30分、できれば1時間ずらすと快適に通勤できる可能性が高まります。

ストレスを溜めたくないなら、早く起きて早めに通勤した方が得です。

自分の好きなことをする

2つ目におすすめなのが、自分の好きなことをすることです。
音楽鑑賞や、読書、瞑想するのもいいでしょう。
自分の好きなことに集中できると、周りのことが気にならなくなるので、ストレスなく通勤することができるはずです。

また、私のようにブログをやっているなら、記事のネタを考えたり、実際に記事を作成する時間にしてもいいでしょう。

妄想する

最後におすすめなのが、妄想です。
妄想で大自然を想像して、清らかな気持ちになるのがおすすめです。
音楽を聴きながら、妄想するとなお一層いいと思います。

好きな人とデートしている妄想もいいかもしれませんね笑

まとめ

この記事で紹介してきた満員電車でのストレスの原因、対処法をまとめます。
原因
・人と人との距離が近い、密着度が高い
・温度、湿度の影響
・無理な体勢による疲れ

対処法
・通勤時間をずらす
・自分の好きなことをする
・妄想する

以上のようになります。
電車通勤されている方は、毎日満員電車でストレスが溜まるいっぽうです。今回紹介した方法で少しでも改善できたら幸いです。
最も有効な解決策は、仕事を辞めることですがそうはいきませんよね笑
ブログで生計を立てている方が羨ましい限りです。

コメント