1記事あたりの文字数はいくつ?最適な数を知ってGoogle評価基準を学ぼう

ブログ

ブログ記事の文字数が、「1記事あたり3000文字以上がいい」「いやいや、500文字くらいでも大丈夫だよ」と様々な意見があります。

このように、文字数に対して疑問を持っている方が多いのではないでしょうか?

では、実際に1記事あたりの文字数はどれくらいがいいの?という疑問に対する答えを見ていきましょう。

スポンサーリンク

そもそもなぜ文字数が気になるの?

なぜ、皆文字数を気にするのでしょうか?

それはズバリ、seoを意識しブログでお金を稼ぎたいと思っているからだと思います。実際、私も同じ考えです。

つまり、「検索順位で上位になるための文字数」=「お金を稼ぐことができる文字数」を知りたいからです。

seo的には文字数が多いほどいいの?

ブログ運営初心者の方は、文書を書き慣れていないので、記事を書き上げるまでに時間もかかりますし、どのような構成で書けばよいのかを探りながら記事を書き上げているのではないかと思います。

私も同じで、ブログを始めたばかりの記事を見てみますと、「なんだこれは?」と感じるほど酷くて、また文章量も少なく見ていて面白みのない記事となっていました。

ブログの記事あたりの文字数は、少なすぎるとGoogleからの評価は低くなり、多いとseo的に良くなります。

seo的には1記事1000文字以上は書いた方が良い

seo対策を考えると1記事あたり1000文字以上は必要だと言われています。

色々ブログを閲覧していて、このような言葉を聞いたことはありませんか?
・ブログは毎日更新した方がいい。100記事を達成したからだ。
・ブログを始めたばかりの頃は、とにかく記事を書け。
・1記事あたり1000文字以上は書くように。

これらの言葉は、全てseo対策に有効です。確かにこれらの事を続けていけば、効果は出てくるでしょう。

この記事では、効果的な文字数を伝えるという趣旨ですので、1000文字以上というのは、曖昧かと思います。ですので、詳しく見ていきましょう。

結局文字数はどれくらいがいいの?

それでは一体1記事あたりの文字数はどれくらいがいいのでしょうか?

結論から言いますと、Googleの評価基準についてこのようなものがあります。

ユーザーが検索した意図に沿って関連性の高いコンテンツを提供する記事を評価をする

Googleはこの基準で記事を評価しますので、文字数に絶対はないという考えになっています。

つまり、1000文字以上であれば文字数に決まりは無く、それよりも大切なのは、Googleの評価基準である「ユーザーに有益な情報であるコンテンツを提供する」記事を作成する事です。

文字数が1000文字程度の場合でも、「ユーザーにとって有益な記事」であれば、検索順位で上位になる可能性もありますし1位になることもあるということです。

ユーザーに対して有益な情報を提供しようと思えば、1000文字を自然とかあると思いますので、私個人の考えとしては文字数は気にしなくても良いと思います。

コメント